一般歯科 インプラント 審美歯科 予防歯科 小児歯科 矯正歯科 | ご予約・お問合せ Tel.0287-23-2340

大田原・那須塩原エリアの歯医者 | やまもり歯科クリニック

やまもり歯科クリニック


TOPへ

インプラント治療は外科手術を伴います、さらに入れ歯などの治療法に比べると費用も多くかかってしまいます。しかし、インプラントを長期安定することができれば、入れ歯の違和感や噛みにくさ、口臭から解放してくれる素晴らしい治療法です。
やまもり歯科クリニックでは、「お身体」「精神的」「費用」すべてにおいてご負担を軽くできるような信頼性の高い治療法を行っております。

インプラント治療の現状

近年、歯を失った人々に、インプラント治療が多く施術されています。その成功率は98〜99%とうたわれ、もはや歯科医療に欠かせない、安定性のある治療法とうたわれています。しかし、そのうちの40%にインプラントを支えている骨の喪失や歯肉の出血、腫れ等のインプラントが炎症を伴っていると報告されています。
インプラント手術後、初期段階で歯肉に炎症が起こり、そして骨の吸収が始まってしまうと、最終的にインプラントが脱落してしまう場合があり、インプラントを長期安定させることが難しくなってしまいます。

治療の現状 長期安定できる新しい術式と形状

インプラントを支える骨がしっかりしていれば、どんなインプラント治療を行っても自分の歯のように長期間安定して使用することができるまで、治療法は確立されてきています。
しかし、治療を受ける方のお口の中の状態は千差万別です。特に日本人の歯を支える骨は、外国人に比べると細い方が多く従来のインプラント治療では、歯肉の炎症等で長期安定性を保つのが難しい場合があります。
当院では「モーステーパージョイントで骨縁下埋入」という信頼性が高く長期安定できる治療法を取り入れ、これまでの患者さんの良好な経過をふまえ、自信を持ってインプラント治療を行っております。

これまでの一般的な治療法
エクスターナルバットジョイント

ネジで上から押さえているだけなので、適合部に微小の隙間があり、そこに力が加わると微小な揺れが発生します。

骨が垂直にしか位置できないので骨とインプラントの構造的な結合が弱くなります。

骨頂レベル埋入

一般的な術法として、インプラントの最上部と骨頂の高さを合わせて埋入する方法が行われてきました。
インプラントに骨の接する面が垂直方向だけなので構造的に弱く、さらに接合部が微小な揺れが発生するので、骨が吸収する可能性があります。

長期安定するインプラント
骨が吸収されてしまう場合があります 長期安定できる新しい治療法
エクスターナルバットジョイント

内面の傾斜部分にアバットメントが押さえつけれれているため力が加わっても微小な揺れが発生しません。

骨縁下に埋入すれば、インプラントの上に骨が乗って定着するため、構造的に強固になり長期安定します。

骨頂レベル埋入

骨頂の2~3㎜にインプラントを埋入することでモーステーパージョイントの骨が乗る形を活かすことができます。また、血流が多い骨の近くは、組織が強くなるため、プラーク(歯垢)からの歯肉の炎症を防ぐことができます。

長期安定モーステーパージョイント
骨下縁埋入の利点

日本口腔インプラント学会専修医が担当します。常勤で居ますので、何かあればすぐに対応できます。
インプラントメーカーのセミナーや開発にも携わってきましたので、製品についても熟知しております。患者さんに最適なインプラントを一番良い方法で提供することができます。

インプラント
  • 優れた長期安定性とコストダウンを実現できる国産インプラントシステムを使用しています。
  • ・顎の骨と早期に強固に結合する。
  • ・部品が折れたり緩んだり、壊れない。
  • ・どのような症例にも対応できるカスタムメイドの部品がすぐに供給される。
  • ・手術法や歯型を取るなどの作業が、簡便で患者さんに負担となりにくい。
  • ・安価で品質が高い。
当院にある歯科用CT装置でデジタル三次元画像を撮影します。インプラント治療希望の方は無料でCT撮影・診断を行います。
ピエゾサージェリーという超音波で骨を切削する機械があります。これにより、神経や血管などの組織を傷つけずに安全に骨だけを切削できます。
オペ室には、無影灯が設置してあります。従来の歯科のライトよりも明るく、術野をしっかりと明示することができます。
三次元CG画像

長期的にトラブルのない歯やインプラントの必須な条件は、健康で十分な量の顎の骨と角化歯肉です。
顎の骨の幅や高さが不足する場合、不足している骨を造成することを行います。幅が足りない場合は、顎の骨を割って骨幅を増やす方法や、骨のブロックを追加する方法を用います。高さが足りない場合は、特に鼻の空洞(上顎洞)の底に近接する場合は、上顎洞底を持ち上げ、その部位に骨を造成する方法を骨補填材を併用して行います。
また、インプラント周囲が、感染に弱い粘膜で覆われている場合は、強い感染抵抗力を持つ角化歯肉を移動するか、移植する治療が必要となります。

骨が痩せてしまった様々な難症例や、歯が1本も無い大きな症例なども含め、これまで東京都内の石川歯科医院で7年間で300症例以上のインプラント治療を経験してきました。
当院でも開院して1年間で100本以上のインプラントを埋入しました。

インプラント(1本) 250,000~300,000円

※表示価格は税別です。

※上部構造(かぶせもの)まですべて込み、当院のインプラント治療は全てカスタムアバットメントで行います。
アバットメント:上部構造とインプラント体を繋ぐ連結部分
カスタムアバットメント:既製のものではなく、患者さんの歯肉の形態に合わせて作製することで、より審美的で長期的に安定する上部構造を装着することができます。

インプラント価格説明
小規模の骨造成(例:抜歯即時埋入、ソケットリフト、スプリットクレスト) 一本につき50,000円~
大規模の骨造成(例:サイナスリフト)100,000円~
軟組織移植(例:角化歯肉移植、結合組織移植) 20,000円~
インプラント義歯800,000円~(インプラントの本数、骨造成による)
インプラント仮歯(1本) 20,000円~

※骨造成:インプラントを埋入する際、骨が足りない部分に骨を作る ※表示価格は税別です。

【CASE1】右下奥歯1本埋入(骨造成なしの場合=骨が十分にある場合)
インプラント治療例1
【CASE2】左下奥歯2本埋入(骨造成なしの場合=骨が十分にある場合)
【CASE3】前歯1本埋入(抜歯即時埋入、結合組織移植)
【CASE4】インプラントアタッチメント義歯(下顎無歯顎、インプラント4本埋入、骨造成なし)

インプラントアタッチメント義歯(下顎無歯顎、インプラント4本埋入、骨造成なし)コンピュータ上で設計を行い、義歯の維持装置を作製します。歯が1本も無く、義歯が合わない方でも、インプラントを4本埋入することにより、全く動かない義歯を作ることができます。

【CASE5】上顎インプラントアタッチメント義歯・下顎インプラント連結ブリッジ
     (上下顎無歯顎、インプラント上顎4本・下顎6本埋入、骨造成なし)

上顎のインプラント義歯の大きな利点として、義歯の大きさを小さくすることができます。義歯の大きさによる違和感が軽減されます。

インプラント治療の補償期間は、インプラントにかぶせ物を装着してから5年間、インプラント入れ歯も5年間、インプラント本体の補償期間は10年間となります。ただし、インプラントを良好な状態で保っていくためには、メンテナンスがとても重要となりますので、補償は当院と患者さんで決めたメンテナンスに、通院して頂いた方に限ります。